スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタパカするん? No.2

2011年08月18日 01:58

明日は仕事が遅くなるのが確定しているので、早い目に切り上げて20時ごろに帰宅。

カタパカは必要なのかと感じながらもとりあえず続きの工作を開始、ガンポンを眺めていると、まだ肩の厚みがありすぎるようなので、1mmほど削り込みを開始・・・これで、2.2mmほどなんだけど、これに裏面用のプラ板(1.2mmと0.5mmを張り合わせ)を貼り付けるので、足すと3.9mmとまだ若干厚いかと感じながらも仮組み。

verka3.jpg
※裏張り用のプラ板を2枚に分けたのは、モールド用に0.5mmを使うためです。

これで、2時間ほど費やしてしまった、2個分だからそんなもんか。
けど、なんかいい感じにカタパカしそうな雰囲気はできてるんじゃないかと言うことで今日はここまで。

次はモールドの作りこみもあることを考えると1個で2時間くらいかかりそうな予感。
ここまでやると、ダクトも正方形に加工かなと思い始めてきたし、まだまだ時間かかりそうですねw
スポンサーサイト

カタパカするん?

2011年08月17日 01:36

作成当時はカタパカを試みて、肩も切り刻んでいたんですよ、肩に限らず、ほとんどの部品を切った盛ったになってるんですけどね。

カタパカの工作の参考は小松原版のガンポンなんですけど、これまた難易度が高い工作に感じます・・・

とりあえず、4つのパーツを同じ形状に整えることから始めます。
上下の分割と下の大きいほうのパテの裏打ちは終わっていたので、下の大きいほうの接合面にメンタム塗って、上の小さいほうのパーツにパテを盛って、ムニュっと押し当てます。4つとも同じように出来たら強制乾燥機に放り込んで、乾燥させます。
パテが固まっているのを確認したら、背中合わせのパーツを瞬着で点止めしてヤスリで形状を整えて、更に左右を入れ替えて同様にヤスリ掛けを行います。左右入れ替えることで、ずれているところの修正が出来ます。

最後に厚みの調整、1mmのプラ版を裏打ちする予定なので、元の厚みが4mmですので1mm削らないといけません・・・
レベルの出ている板にパテ面を上にして4つを瞬着で点止めして、ヤスリ砲台の大きい面の物に180番をつけて、一気にヤスリ掛けしたら、出来上がりです。

IMGP0063.jpg

思いつきで作業してみましたが、左右の合いも厚みも均一になりました。
こんなことしていたのもあって、2時間があっという間に経ってしまい本日はこれにて終了です。

年内完成予定なので、時間はまだまだある(はず)。

模型復活に併せてデジカメを新調しました。
前の物は充電しても10分も持たないし、バッテリーを買うことを考えると、+ちょっと出せば新しいデジカメが買えちゃいますからね。

IMGP0640.jpg

1cmマクロ接写が出来たりするので、結構重宝するかもしれない。

明日から仕事もあるので、この辺で。

見納め

2011年08月15日 00:36

今日も足のフクラハギにパテを詰めて、アンクルガードの丸一の旋盤加工と取り付けで時間切れになりました。

IMGP0056-1.jpg


IMGP0044-1.jpg

IMGP0046-1.jpg

破損した箇所ややり直したい箇所の部品取りとなるためノーマルとの比較が出来るのは、これが最後になります。
こうやって比較すると、全高だけでなく印象が変わったのが判りやすいですね。

大まかな形状だしはこんな感じで終了、あとはフクラハギの整形やら、それらと膝アーマーのすり合わせ、頭部の加工が残りかな?
まだまだ、大変な作業があるんやなぁ・・・

明日も予定があるので、少ししか出来んかもしれないですけど、ちょっとでも前進できるようにがんばります。

飲んだらするな?

2011年08月14日 04:10

しばらくぶりにプラモ始めましたが、冷め切っていたわけでもなく、興味は持ち続けていたので、雑誌や模型屋さんにいったりはしていたんですよね。もちろん川越の展示会も覗きには行ってます。
その時に八潮に参加したときに知り合った方とお話しの中で、気楽に飲みながらのプラモやってもいいんじゃないのぉ なんてことを聞いて、もっと気楽にやろうって思って実際に飲みながらやってみたら、少しずつ手が動くようになってきたんですよね。

当然ながら、飲む量によっては事故が起こります。なので、いくつか禁止事項を設定して、切削系はしないこと、当然ながら塗装も。 まぁ仮組みなどの軽微な作業って決めてすることにしたんですよね。

けど、良い事ばかりではありませんでしたね。 一作業が終わって缶ビールをプシュっと飲んだある日、表面処理の終わった部品を洗浄機から出そうとした時に、加工した細かい部品が排水溝に流れていってしまいました・・・

やっぱり飲んだらプラモはしないほうがいいですね。

さて、仕事も休みに入りましたので、少しVerkaを弄っていきます。

丸一モールドを市販パーツに置き換えです。微調整が結構大変なんですね、市販パーツの金型が少し歪なので、リューターに取り付けて旋盤加工も必要と、ちょっと前なら心が折れていたかも知れませんね。と言っても片足しかしてませんけど。
ともあれ腕と併せて、あと8個・・・頑張ります。

スネのところをクサビを打って前に反るように形状変更、あとは見えないところになりますが、足の内部を切った貼ったで加工してます。

IMGP0022.jpg

このVerkaの外装を加工したのが5年ほど前の自分なんですけど、当時の作例などはスネだけを延長する工作が多く、バランスが気に入らないと感じてフクラハギを延長しているのですが、今思うと良くこんな無謀なことをやろうとしてたなと思いますね、これを完成させるには形状と立ちポーズ優先と割り切って作成を進めます。

verka2.jpg


パテが乾く間の息抜きにこの子を引っ張り出して組んでみました。
IMGP0034.jpg

RGのボディとか組み込めるかなぁ・・・

サルベージ

2011年08月04日 02:02

長らくご無沙汰してました、この5年程は人生の中で最悪期だったのではと、思っておりますが、その期間も取り戻すべくこれからは人生も模型も(予算があれば球突きも)楽しんでいくようにしたいと思います。

生活もそれなりに戻ってきたのでね(笑

まだまだ、吹っ切らないとけいないことも、山積みやけどその辺はおいおいブログに書いて自己整理していこうと思います。
もともと筆不精なので、不定期更新には変わりないけど・・・書けるときは書くようにと言い聞かせて。

そんなこんなで、模型の手が止まりだした頃に作っていたものを引っ張り出してきて、当時の記憶を思い出しながらちょこっと弄ってみました。何をどうしたのかは思い出せないので、分解してどんな改修をしていたかをチェックしてみると、いろんなことやってたみたいです・・・

足はフトモモとスネを4mmづつくらい延長して、股関節軸を上に4mm上に移動して、オリジナルより4mm延長、スリッパとフクラハギはぷら版とパテで形状変更、フトモモは延長に伴って太くするために1mmプラ板をゲージにパテで形状変更、腕も4mm延長、胴回りはオリジナルのままだけどフロントとリアのアーマー?を延長、頭の取り付け位置を軸ごと後ろに3mmほど移動の状態で、詳細は割愛します。

サルベージ後に手を入れたのは腰廻りで、赤いコアブロックの部分とアーマー部分の隙間が気になったので、股関節のカバーをプラ板で新設しフロントアーマーは少し加工して密着できるように、サイドアーマー基部を1mmほど幅つめしてこれもどうように密着できるように、腕は延長した物だとちょっと違和感があったので、オリジナルにいったん戻してあとで考える(基本的にはこのままだろうなぁ)、頭部はOYWの物に変更と今のところはここまで。
verka1.jpg

上記を基本にして、精度を上げる処理とVerkaの記号を盛り付けたら、塗装しようと思ってます。

続いてザクですが、もともとはF2とのミキシングでと思っていたのが、頓挫していた物です。
興味本位で発売時に買ったVer2.0があったので、切った貼った盛ったで加工してミキシング開始
頭部は好みのF2、Ver1は胸、腰などのボディとスリッパ一式とシールド、Ver2.0はフトモモからスネまでの足部分と腕と武器と大まかにはこんな感じです。
zaku1.jpg

とりあえず、2011年の完成予定はこれのどちらかにしたいと思ってますが、適当にHGUCなんかをパチッと組んでごまかすかもしれない可能性もあったりするかもです・・・F2なんか最適ですモンねw

がんばりますw





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。